マーケティング

Webマーケティング業界への就活がコスパ高い理由3つ【辞める前提で就活する】

ハマー
ハマー
未経験から上場企業のWebマーケターに転職した28歳。クラウドソーシングで月10万円、メディア運営で月80,000PVを達成しています。

「Webマーケティング業界に就職したいけど、こんな私でも採用されるか不安…」

「Webマーケティング業界に就職したいけど、就活の方法がわかりません…」

この記事では「Webマーケティング業界への就活がコスパ高い理由3つ【辞める前提で就活する】」をテーマに解説します。

実際に私も現在はWebマーケティング業界で仕事をしていまして、企業に入社してから「コスパ高いな」と感じています。

というのも、Webマーケティングスキルがあれば、人生においてかなり役立つからですね。

この記事を読めば、「Webマーケティング業界への就職がコスパ高い理由」を知りつつ、「就活の軸やポイント」を把握することで有利に就活を進めることができます。

これからWebマーケティング業界で就活したい方は、ぜひ、参考にしてみてください。

Webマーケティング業界への就活がコスパ高い理由3つ

結論、Webマーケティング業界への就職がコスパ高い理由は下記の3つです。

理由①:就職しやすいから

理由②:副業しやすいから

理由③:独立しやすいから

結論、これから社会人になって「お金を稼ぐ」という意味では「Webマーケティングスキル」はかなり重宝されるかと。

それでは具体的に解説しますね。

理由①:就職しやすいから

Webマーケティング業界への就職がコスパ高い理由の1つ目は「就職しやすいから」です。

就職しやすい理由としては、下記の2つが挙げられます。

就職しやすい理由①:Webマーケティング業界が伸びている

就職しやすい理由②:未経験の採用にも積極的

就職しやすい理由①:Webマーケティング業界が伸びている

近年はWebマーケティング業界の市場が伸びており、企業でWebマーケター不足となっています。

「市場が伸びている=業界全体が盛り上がっている」ということなので、Webマーケター人材の需要が高い。つまり、「就職しやすい」ということですね。

ハマー
ハマー
私も「スキルゼロ」「実績ゼロ」の未経験から就活してWebマーケターになりました。業界が盛り上がっていたおかげです。

例えば、Webマーケティング業界の市場の伸びは「インターネット広告市場」を見れば、成長の具合がわかります。

出典:矢野経済研究所

2021年度のインターネット広告市場は前年度比14.5%増の2兆4370億円、2024年度には3兆2740億円まで拡大するとのこと。

このような市場の背景もあり、企業で「Webマーケター不足」が続出。需要が多くなっているのです。

引用:矢野経済研究所

ちなみに、アフィリエイト広告市場も急成長中。

2020年は3,258億円となっており、2024年には4,951億円まで伸びる予測になっています。

コロナの影響によるECの急成長やインターネット利用者の増加などが、市場成長の要因としてあげられています。

他の業界と比べれば、Webマーケティング業界は、就職しやすい業界なのです。

就職しやすい理由②:未経験の採用にも積極的

Webマーケティング業界への就職がしやすい理由の2つ目は「未経験の採用にも積極的」だからです。

先述したように、Webマーケティング業界は「人材不足」。企業としては、優秀なWebマーケターが欲しいとはいえ、なかなか見つけることができません。

ハマー
ハマー
優秀なWebマーケターは大企業に採用されたり、独立してフリーランスになることが多い。

なので最近だと、「未経験・初心者OK!」の求人を出して、Webマーケターの採用に積極的な企業も多いです。

✔︎未経験・初心者OKの求人

割と「歓迎ムード」。ポテンシャルのある若手であれば、スキルがなくても採用されます。

私も23歳で未経験で就活をして、Webマーケターに。未経験ということで、はじめは大変でしたが、仕事に慣れつつ、自然と結果も出るようになりました。

✔︎Webマーケティングに強い就活・転職サイト3選

マイナビエージェント:リクルートエージェントと同じくらい圧倒的な求人数を保有。20〜30代の就職・転職に強く、人事&採用担当との太いパイプがある。

【マスメディアン】:広告・Web・マスコミ職種を中心に4万人を超える就職・転職支援実績を誇る。広告・Web・マスコミの分野でNo.1クラスの転職・就職支援会社。大手にはない求人も多数保有。

パソナキャリア→「転職エージェントが支援する求人・転職情報サイト」で3年連続1位の大手総合型転職エージェント。年収アップ率は67パーセント以上

>>未経験からWebマーケティング業界に就職・転職したい方はこちら

理由②:副業しやすいから

Webマーケティング業界への就職がコスパ高い理由の2つ目は「副業しやすいから」です。

Webマーケティング業界に就職すると、いろんなスキルが身につきます。

そのスキルを応用すれば、副業で稼ぐことも可能。本業以外から収入が入るので生活が安定します。

例えば、Webマーケティングと親和性の高い副業でいうと、下記の副業がおすすめ。

おすすめ副業①:Webライター

おすすめ副業②:ブロガー・アフィリエイター

ぶっちゃけ、本業でWebマーケティングをしている方であれば、副業で「Webライター」「ブログ・アフィリエイター」をすれば、かなり早い段階で稼げるかと。

詳しく解説しますね。

おすすめ副業①:Webライター

Webライターとは「記事を書く仕事」をする人のことです。

完成した記事はクライアント企業のメディアやサイトに掲載され、世の中に公開。

公開された記事のアクセスを集めることで、企業の商品・サービスを販売したり、周知したりします。

ハマー
ハマー
優秀なWebマーケターは大企業に採用されたり、独立してフリーランスになることが多い。

このWebライターの仕事もたくさんありまして、例えば、「クラウドソーシングサイト」を活用すれば、自分の興味・関心のあるテーマで記事を書くことができます。

記事を書いて納品できれば報酬がもらえます。

私の経験を踏まえ、本音を言うと、「Webマーケティング」ができる人であれば、「Webライター」もできます。

本業でWebマーケティングのスキルをつけつつ、副業で「Webライター」をすれば、かなり稼げると思います。

実際に、私もWebライターとして月に10万円を稼いでいました。副業におすすめです。

>>副業Webライターとして稼ぐ方法はこちら

おすすめ副業②:ブロガー・アフィリエイター

Webマーケティングでおすすめな副業の2つ目は「ブロガー・アフィリエイター」です。

個人でブログを開設・運営し、アフィリエイト広告で稼ぐ感じですね。

Webマーケティング業界で働く人のなかには、ブログ・アフィリエイトで稼ぐ人がいまして、月に20万円とか、30万円とか、本業を超えるくらい稼ぐ人がいます。

例えば、「副業コンパス」というブログを運営している「クニトミさん」。

すでに独立しているクニトミさんですが、当時、サラリーマンをしながらブログで「月500万」を達成しています。

ハマー
ハマー
すごすぎて声が出ない…。

「ブロガー・アフィリエイター」はかなり夢のある副業ですよね。

しかもWebマーケティングスキルがあれば、すぐに個人でもできます。

収益化するまでに時間はかかりますが、コツコツ頑張れば自然と稼げてきますし、もしも、稼げなくても「スキル」が残ります。

Webマーケターの副業として「ブロガー・アフィリエイター」はかなりコスパが高いです。

ちなみに私もWebマーケティングのスキルアップと副業での収益化を目的に「ブログ・アフィリエイト」をしています。

>>ブログやアフィリエイトを勉強したい方はこちら

理由③:独立しやすいから

Webマーケティング業界への就職がコスパ高い理由の3つ目は「独立しやすいから」です。

本業Webマーケターで、高い専門スキルを持つ方であれば、独立は割とカンタン。

というのも、本業と同じ仕事をそのまますれば、OKだからです。

例えば、本業Webマーケティングで「SEO」が得意であれば、「Webライター」として独立する。また、「Webデザイン」が得意であれば「Web制作者」として独立してもOKです。

ハマー
ハマー
独立したい人は、自分の得意な分野とスキルを考えつつ、独立するのが王道。

最近だと、副業でWebマーケティング系の仕事をしていた人が独立するケースが多いですね。

例えば、先ほどの「クニトミさん」は、本業Webマーケター、副業ブロガーでしたが、本業を圧倒的に超える副業収入があるため、独立されています。

他にも、副業をしつつ、副業である程度、稼げてきたWebマーケターが独立しています。

独立のしやすさから、最近では若い方でもWebマーケティングに興味を持つ方がたくさんいます。

Webマーケティングの需要がまだまだ高まっています。


Webマーケの需要が高まっている。特に「FIRE」「セミリタイア」したい若者が多いイメージです。ぶっちゃけ、スキルを習得すれば転職市場で無双できるし、市場価値の高い人間になれる。副業、そして独立・起業も可能。Webマーケは「リタイア」のきっかけになりそう。割と最強のスキルです。

>>Webマーケティングを勉強しつつ、本気で独立を目指す方はこちら

Webマーケティング業界への就職は辞める前提で就活するべき

Webマーケティング業界への就職は辞める前提で就活するべき

急に謎タイトルでスミマセン…。

「Webマーケティングの企業に入社したいのに、就活の時点で辞めることを考えてどうするんだ」と怒られそうですが、考えてほしいことがあります。

それは「これから企業に所属しながら生きていけるか」ということです。

Webマーケティングのスキルをつけ、個人で稼ぐ時代に

例えば、最近だと、コロナの影響で失業者が増えています。

企業に所属していても、企業は社員を守ってくれないことがあります。

他にも

・将来、終身雇用がなくなる

・定年が早くなり、退職する

・リストラされることがある

このように、「企業に所属しながら生きていく」のは今後、難しくなくなります。

「企業に就職したら、まずはスキルをつけ、そのあとは、独立・起業する」のが、当たり前になるかなと。

企業にぶら下がりつつ、生きていくのではなく、爆速でスキルをつけたら、副業をしたり、独立を目指したりして、「個人で稼ぐ」ことが大切になります。

「就職=ゴール」ではなく、「就職=手段」と考えながら就活をすれば、企業選択の幅も広がりますし、入社後も高い目標を掲げて仕事をすることができるでしょう。

まとめ:Webマーケティング業界への就職は人生においてコスパ高い

今回は「Webマーケティング業界への就活がコスパ高い理由3つ【辞める前提で就活する】」をテーマに解説しました。

本記事のポイントは下記の通りです。

✔︎Webマーケティング業界への就職がコスパ高い理由3つ

理由①:就職しやすいから

理由②:副業しやすいから

理由③:独立しやすいから

✔︎Webマーケティング業界への就職は辞める前提で就活するべき。「就職をゴール」としない。

こんな感じです。

本音を言うと、私自身、Webマーケターになって本当に良かったと思いますし、今では本業の他にも副業でお金を稼ぐことができています。

本文で「辞める前提で就活すべき」と言いましたが、まずは「就職すること」が大切ですので、Webマーケティング業界に強い、就活・転職サイト・エージェントを掲載しておきます。

今、行動すれば、2ヶ月後、3ヶ月後、皆さんの人生が変わっているかもしれません。

3分もあれば無料登録できるので、サイト内で自分に合う求人を見つけ、Webマーケターとして楽しく生きていきましょう。

✔︎Webマーケティングに強い就活・転職サイト3選

マイナビエージェント:リクルートエージェントと同じくらい圧倒的な求人数を保有。20〜30代の就職・転職に強く、人事&採用担当との太いパイプがある。

【マスメディアン】:広告・Web・マスコミ職種を中心に4万人を超える就職・転職支援実績を誇る。広告・Web・マスコミの分野でNo.1クラスの転職・就職支援会社。大手にはない求人も多数保有。

パソナキャリア→「転職エージェントが支援する求人・転職情報サイト」で3年連続1位の大手総合型転職エージェント。年収アップ率は67パーセント以上

Webマーケティング×クラウドソーシング
ハマー
本業はコンサル会社でWebマーケ|【経歴】大学時代にクラウドソーシング月10万円の収益▶︎就活失敗▶︎時給1,000円の派遣社員になるが3カ月で退職▶︎コンサル会社に転職▶︎メルマガで月200万円の売上達成▶︎メディア運用で月間80,000PVを達成▶︎個人ブログ開設|ブログ、クラウドソーシング、Webマーケ転職の記事を投稿します!
\ Follow me /