マーケティング

【完全初心者】Webライターの記事の書き方7ステップ【500記事を執筆したノウハウ】


✔︎想定読者

・Webライターの記事の書き方を知りたい方

・記事を書く上での注意点を把握しておきたい方

ハマー
ハマー
上場企業のWebマーケティング部署で働く28歳。

・クラウドソーシング:月10万円達成
・未経験からWebマーケティング業界に転職
・オウンドメディア運営:月間80,000PV
・個人ブログ:『これからはWebマーケター 』運営中

この記事を書いている私はWebマーケティング歴5年。

大学時代にWebライターとして月10万円稼ぎ、その後、2017年に東京にあるコンサルティング会社のWebマーケティング職に転職。現在は上場企業のWebマーケターとして働く28歳です。

「未経験・初心者のWebライターでも簡単に記事が書ける方法が知りたい」

「SEOで上位表示されつつ、クライアントに喜ばれる記事を書きたい」

この記事では、「【完全初心者】Webライターの記事の書き方7ステップ【500記事を執筆したノウハウ】」を解説します。

結論、今回の記事の書き方を理解すれば、Webライターとして「スキルアップ」「収入アップ」することができます。

というのも、私自身、記事の書き方を勉強したおかげで、「Webライティングのスキルアップ」「本業・副業での収入アップ」「転職成功」「Twitter・ブログでの収益化」を実現できたからです。

これまで執筆してきた記事は「500本以上」。「クラウドソーシング:100記事」「本業で書いたSEO記事:100本」「このブログのSEO記事:300本」です。

✔︎これまで執筆したブログのSEO記事本数

今回の記事では、Webライターとして文章を書くのが苦手な方でも簡単に理解できるように、わかりやすく解説しています。「読まれるWebライター」に進化しましょう。

Webライターの記事の書き方7ステップ

Webライターの記事の書き方7ステップ

基本的に「Webライター」は、「誰にでも簡単に理解できる文章を書く」ことが求められます。

というのも、わかりづらい文章だと、読者が途中で離脱してしまい、最後まで読まれないからですね。

せっかく時間をかけて書いたのに、全て読まれないのはすごく悲しいですよね。

ハマー
ハマー
いくら記事をたくさん書いたとしても、「読みづらい」「内容が薄い」ような記事だと、読者が離脱してしまいます。

たくさんの読者に文章を読んでもらうためにも、Webライターは「わかりやすい文章の書き方」で記事を書くことが大切です。もちろん、SEOで上位表示させるための工夫も大切です。

わかりやすい文章を書くためのステップは下記の7ステップです。

ステップ①:キーワードの選定をする

ステップ②:キーワードの分析をする

ステップ③:キーワードの競合を分析する

ステップ④:タイトルを決める

ステップ⑤:リード文を決める

ステップ⑥:本文を書いていく

ステップ⑦:まとめを書く

「①〜③」はSEO対策について、「④〜⑦」は記事の内容についてです。

上記のステップを理解することで「SEOで上位表示させつつ、わかりやすい文章を書くプロのWebライター」になれます。

では1つずつ詳しく見ていきます。

ステップ①:キーワードの選定をする

Webライターの記事の書き方の1つ目は「キーワードの選定をする」です。

記事を書く前に「キーワードを選定」しておくことで、記事に統一感を出し、SEOの上位表示も期待できます。

例えば、このブログでは「Webライター」のカテゴリで情報を発信しているので「Webライター 〇〇」というキーワードを選定してから記事を書いています。

ハマー
ハマー
「キーワードを選定」はSEO記事を書くときのファーストステップ。ここをミスると上位表示されない。

✔︎「Webライター」で調べたときの関連キーワード

上記のように、キーワードを確認したら、選定して、そのキーワードにあった記事を書いていきます。

キーワードの選定には「ラッコキーワード」がおすすめ

プロのWebライターさんでもたまにあるのですが、割とこのキーワード選定を適当にやっている方もいます。

とはいえ、キーワードを決めないと、自分の書きたい記事を書いてしまうので、読者の読みたい記事になりづらいです。

上位表示されることも難しくなるので、「キーワード選定→記事を書く」という順番にしましょう。

>>Webライターの始め方を知りたい方はこちら

ステップ②:キーワードの分析をする

Webライターの記事の書き方の2つ目は「キーワードの分析をする」です。

キーワードの選定が完了したら、次は「キーワードの分析」をします。

具体的にどうやって分析するかというと、下記の通りです。

・キーワードの検索ボリュームを確認する:そのキーワードがどのくらいの検索ボリュームなのかを確認します。少なすぎると記事を書いても読まれないです

・自分が書けそうなキーワードを抽出する:自分の興味や関心のあるキーワードを抽出して、そのキーワードについての記事を書いていきます

・ロングテールキーワードを狙ってみる:検索ボリュームが100〜500くらいのキーワードがおすすめ。500以上のキーワードは競合が多く、100以下のキーワードは読まれないからです

✔︎「Webライター」で調べたときの関連キーワードと検索ボリューム

キーワードを選定するだけではなく、キーワードの検索ボリュームを分析することで、「SEOで上位表示されやすい狙い目のキーワード」を見つけることができます。

ただ単純に自分の書きたい記事を書くのではなく、「キーワードに沿った記事」を書くようにしましょう。

キーワードの分析には「Ubersuggest」がおすすめ

ステップ③:キーワードの競合を分析する

Webライターの記事の書き方の3つ目は「キーワードの競合を分析する」です。

なぜ、キーワードの競合を分析するかというと、すでに上位表示されている記事から、記事の構成、タイトル、見出しを確認することで「上位表示されているわかりやすい文章の記事」を把握するためです。

ハマー
ハマー
すでに上位表示されている記事からヒントを得る感じです。

私はキーワードの分析を完了したら、必ず、検索上位10サイトの競合分析をしています。

競合分析で確認するところは下記の通りです。

①タイトル:上位10サイトに共通しているキーワードは何か?

②見出し:どんな記事の構成になっているのか?

③デザイン:どんな装飾・デザインになっているか?

④文章量:平均どのくらいの文章量なのか?

⑤リンク:リンク先にはどんな記事があるのか?

こんな感じです。

上記がわかれば、自分がどんな記事を書けば良いか、なんとなくわかってきますよね。

キーワードの競合を分析することで、競合記事の構成やデザインを把握できるので、ぜひ、分析して、参考にしましょう。

>>未経験・初心者Webライターが稼ぐ方法はこちら

ステップ④:タイトルを決める

Webライターの記事の書き方の4つ目は「タイトルを決める」です。

いくらわかりやすい文章を書いても、読者を惹きつけるタイトルでないと読まれません。

というのも、検索上位に記事が表示されていても、興味のないタイトルであれば、クリックして読まれないからですね。

ハマー
ハマー
非常にもったいないケースです。

つまり読者を惹きつけるタイトルにしないといけないのです。

【大前提】読者を惹きつけるタイトル

とはいえ、記事のタイトルには、必ずしも正解はありません。

ここは割とWebライターの経験値が活きるところですね。

ただ、大前提としては「ステップ①の自分が選定したキーワード」を入れることと、「ステップ③の競合サイトのタイトルに寄せる」ことが大切です。

これができれば、記事のテーマから軸をぶらさず、かつ、SEO的に良いタイトルになります。

ハマー
ハマー
ここで「キーワード分析」が役立ってきますね。

他にも、工夫次第で読者を惹きつけるタイトルになります。

例えば、こんな感じです。

・数字を入れる:「Webライター歴10年が語る〜」「500記事を執筆したノウハウを紹介」

・簡単さをアピール:「これをやればすぐに〇〇になれる!」「たったこれだけで〇〇ができる」

・信頼性をアピール:「プロの現役マーケターが解説」「これで私も転職できました!」

上記のような工夫をすることで魅力的なタイトルになります。

ぜひ、実践してみましょう。

ステップ⑤:リード文を決める

Webライターの記事の書き方の5つ目は「リード文を決める」です。

ここから記事の本文に入ります。

「リード文」というのは「記事の出だし」のところで、記事を書く上で大切な部分となります。

というのも、読者は本文の一番最初にあるリード文をみて、記事を「読むか、読まないか」を判断するから。

つまり、リード文が読者に刺さらなければ、本文の内容がいくら良くても、読まれないのです。

ハマー
ハマー
リード文でミスるとモッタイナイ…。

「読者のどんな悩みを解決できるのか?」をはじめに書くことで、読者に記事の内容を把握してもらい、スムーズに本文を読んでもらえるようなリード文にすることが大切です。

【テンプレート】リード文の書き方【パクリOK】

魅力的なリード文にするための書き方は、下記の4つです。

①読者の悩みを伝える

②記事の内容を伝える

③悩みを解決できる理由を述べる

④記事を読むメリットをまとめる

例えば、こんな感じです。

①読者の悩みを伝える

「未経験・初心者のWebライターでも簡単に記事が書ける方法が知りたい」

「SEOで上位表示されつつ、クライアントに喜ばれる記事を書きたい」

②記事の内容を伝える

この記事では、「【完全初心者】Webライターの記事の書き方7ステップ【500記事を執筆したノウハウ】」を解説します。

③悩みを解決できる理由を述べる

結論、今回の記事の書き方を理解すれば、Webライターとして「スキルアップ」「収入アップ」することができます。というのも、私自身、記事の書き方を勉強したおかげで、「Webライティングのスキルアップ」「本業・副業での収入アップ」「転職成功」「Twitter・ブログでの収益化」を実現できたからです。

④記事を読むメリットをまとめる

今回の記事では、Webライターとして文章を書くのが苦手な方でも簡単に理解できるように、わかりやすく解説しています。「読まれるWebライター」に進化しましょう。

いかがでしょうか。

①〜④を順番に書くことで、誰でも簡単にリード文を作ることができます。

上記の書き方は参考にしていただいてOKですので、ぜひ、魅力的なリード文を書けるようにしましょう。

ステップ⑥:本文を書いていく

Webライターの記事の書き方の6つ目は「本文を書いていく」です。

「本文を書くのが一番難しいし、時間がかかる…」

「記事の書き方がわからないから文章を書いて、消しての繰り返しになる…」

というWebライターさんもいるかもしれません。

とはいえ、今回、紹介する本文の書き方を理解できれば、「読者の課題解決につながり、かつ、ライティングのスピード、質が良く」なります。

その本文の書き方は「PREP法」という書き方です。PREP法とは下記の言葉の頭文字になります。

①POINT=結論:この章で伝えたいことを一番最初に伝える

②REASON=理由:その結論になる理由・根拠を述べる

③EXAMPLE=具体例:理由・根拠を裏付ける事例を紹介する

④POINT=結論を繰り返す:この章で伝えたいことを再度伝える

上記のように本文を書くことで、読者に伝わりやすい文章を書くことができます。

【具体例】PREP法の書き方

例えば、PREP法の書き方をするとこんな文章になります。

①POINT

Webライターの記事の書き方の1つ目は「キーワードの選定をする」です。

②REASON

なぜなら、記事を書く前に「キーワードを選定」しておくことで、記事に統一感を出し、SEOの上位表示も期待できるからです。

③EXAMPLE

例えば、このブログでは「Webライター」のカテゴリで情報を発信しているので「Webライター 〇〇」というキーワードを選定してから記事を書いています。

④POINT

キーワードを確認したら、選定して、そのキーワードにあった記事を書いていきます。記事を上位表示させるためにも、「キーワードの選定をする」ことは大切な作業です。

いかがでしょうか。

①〜④に当てはまる文章が書ければ、わかりやすい文章になります。

始めは少し時間がかかるかもしれませんが、慣れれば簡単。

実際に私もこの「PREP法」を活用して、これまで500本以上の記事を書いてきました。

ハマー
ハマー
この記事も「PREP法」で書いています。

文章もスムーズに書けるようになりますし、SEOで上位表示されるようにもなります。

Webライターの記事の書き方で「PREP法」は必須ですので、ぜひマスターしてみましょう。

ステップ⑦:まとめを書く

Webライターの記事の書き方の7つ目は「まとめを書く」です。

本文の「締め」の部分ですね。この「まとめ」を書くときもポイントがあります。

①記事のポイントをまとめる

②読者に課題を解決できることを伝える

③読者の行動を促す

上記のような書き方でまとめると、読者が改めて、記事全体の内容を把握しつつ、自分がするべき行動を取ることができます。

【具体例】まとめの書き方

例えば、こんなまとめの書き方をすると良いでしょう。

①記事のポイントをまとめる

今回は「【結論】Webライターvsブログ←副業で始めるならどっちが良いか【どちらもやるべき】」をテーマに解説しました。

本記事のポイントは下記の通りです。

✔︎副業で稼ぎたいなら「Webライターとブログ」どちらもやる

✔︎とはいえ、時間のない方はどちらか一方からOK

✔︎始めはツラいけど自然とスキル・実績が付いてくる

②読者に課題を解決できることを伝える

今回の記事を読んで、Webライターとブログを同時にやったほうが良い理由を知っていただけたかと思います。

③読者の行動を促す

もしも、副業で安定的に稼ぎつつ、自由に働きたい方は、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。今日から行動すれば、未来が変わるはず。1人でも多くのWebライター、ブロガーの方が誕生し、人生に満足する生き方をして欲しいです。

こんな感じですね。

今からでもすぐに「記事を書く!」という行動を促すことができるかと思います。

「まとめ」は最後の締めの部分ですので、手を抜かず、読者の行動を促すようなまとめをかけるとGoodです。

>>Webライターの「きつい時期」を乗り越える方法はこちら

【注意点】Webライターの記事の書き方

【注意点】Webライターの記事の書き方

ここまで「【完全初心者】Webライターの記事の書き方7ステップ【500記事を執筆したノウハウ】」をご紹介しました。

最後に、Webライターが陥りがちな文章の書き方を解説します。これから紹介することを注意しつつ、丁寧な記事に仕上げていきましょう。

①文章・言葉の統一

文章・言葉は必ず統一しましょう。

というのも、文章や言葉が統一できてないと、読みづらい文章になるからです。

例えば、こんな表現です。

・「です・ます調」「だ・である調」が混じっている

・「Webライター」「ウェブライター」など、英語や日本語、カタカナが混じっている

・「1,2,3,4,5」「1、2、3、4、5」など、半角と全角が混じっている

上記のような言葉が混じっていると、読みづらいですよね。

場合によっては、読者から「Webライターとしてレベルが低いのではないか?」と思われてしまい、途中離脱の原因にもなります。

ハマー
ハマー
特にクライアントからWebライティングの案件を依頼されているWebライターさんも注意あ必要。

文章や言葉が統一できてないと、マイナスイメージになるので、必ず統一しましょう。

②文中・文末が何度も同じ表現になる

例えば、こんな感じです。

Webライターの記事の書き方の4つ目は「タイトルを決める」です。いくらわかりやすい文章を書いても、読者を惹きつけるタイトルでないと読まれないです。検索上位に記事が表示されていても、興味のないタイトルであれば、クリックしても読まれないです

「です」が繰り返されているパターンですね。

他にも、

・〜ます

・〜して

・〜ので

・〜で

と、文中・文末が何度も同じ表現になる文章があります。

ハマー
ハマー
うーむ、何度も同じパターンで読みづらい…。

ぶっちゃけ、私自身も文章を書いていて、文中・文末が何度も同じ表現になるケースがあります。ムズカシイ…。

同じ表現を繰り返さないためにも、何度も記事を見直して、チェックしましょう。

まとめ:Webライターの記事の書き方は理解できればOK

今回は、「【完全初心者】Webライターの記事の書き方7ステップ【500記事を執筆したノウハウ】」を解説しました。

本記事のポイントは下記の通りです。

​​

✔︎Webライターの記事の書き方7ステップ

ステップ①:キーワードの選定をする

ステップ②:キーワードの分析をする

ステップ③:キーワードの競合を分析する

ステップ④:タイトルを決める

ステップ⑤:リード文を決める

ステップ⑥:本文を書いていく

ステップ⑦:まとめを書く

✔︎文章を書く上で「文章・言葉の統一する」「文中・文末が何度も同じ表現になるのを避ける」

こんな感じです。

今回、ご紹介したWebライターの記事の書き方は、プロのWebライターさんも実際に行なっています。

この記事を一度読んで、全て理解するのは難しいと思いますので、何度も読んでいただき、Webライターとしてのスキルをアップさせましょう。

https://croud-business.com/webwriter-free/
Webマーケティング×クラウドソーシング
ハマー
本業はコンサル会社でWebマーケ|【経歴】大学時代にクラウドソーシング月10万円の収益▶︎就活失敗▶︎時給1,000円の派遣社員になるが3カ月で退職▶︎コンサル会社に転職▶︎メルマガで月200万円の売上達成▶︎メディア運用で月間80,000PVを達成▶︎個人ブログ開設|ブログ、クラウドソーシング、Webマーケ転職の記事を投稿します!
\ Follow me /